2015年04月26日

AHAガイドライン2015教材リリース予定(英語版)

気になる蘇生ガイドライン2015の動向ですが、AHAからは英語版の教材リリース時期のアナウンスが出されています。

2015年
10月15日
AHAガイドライン2015発表


これはAHA発行の学会誌であるthe circulation誌で発表され、同時にPDFでも無料で公開されるはずです。

11月〜12月
2015ガイドラインハイライト発行(日本語版、無料PDF)
ECCハンドブック発売


ECCハンドブックは英語ですが、2015ガイドラインハイライトは去年のケースで言えば、英語版発表とほぼ同時に日本語でも無料PDFとして公開される見込みです。

11月6日
インストラクターアップデートカンファレンス(米国オーランド)


インストラクター向けのコース開催情報の第一弾が、このアップデートカンファレンスになります。この時点では、まだコース教材は開発途上ですが、そのドラフトや方向性が示されます。

以下、下記のように教材リリース時期が見込まれています。

2016年
1月〜2月
BLSヘルスケアプロバイダーコース教材発売
ハートセイバーCPR AEDコース教材発売
ACLSプロバイダーコース教材発売


5月〜6月
ハートセイバー小児ファーストエイドCPR AED教材発売
ファミリー&フレンズCPR教材発売


7月〜8月
PALSプロバイダーコース教材発売
PEARSプロバイダーコース教材発売


ただし、これらはすべて英語教材のリリース予定時期です。

日本語版の発売時期については、AHAからの公式情報は出されていません。

前回の2005年版のケースですと、BLSヘルスケアプロバイダーマニュアルの日本語版が出るまでは8ヶ月のタイムラグがありました。
posted by JSISH-ITC at 11:11| Comment(0) | 日記

2015年04月20日

AHAガイドライン2015発表は10月15日

蘇生法に関するガイドラインは5年毎に改定されています。

前回の改訂が2010年でしたらので、今年2015年は新ガイドライン発表の年、2015年10月15日にAHAガイドライン2015が発表されます。

これは蘇生法に関する国際会議によって作られる国際コンセンサス(CoSTR)の発表ならびに情報解禁が10月15日で、それと同時にアメリカ心臓協会AHAからガイドラインも併せて出されることになっています。

10月15日に発表されるのはガイドラインそのものです。

このガイドラインにもとづいて、BLSヘルスケアプロバイダーコースや、ACLSプロバイダーコースの教材が作られます。

ですから、今年の10月にガイドラインが変わったからといって、即、講習内容が変わるわけではありません。

日本で、公式に講習内容が変わるまでは、まだ2年以上はかかる見込みですので、受講のタイミングではあまり悩む必要はないかと思います。

学びたい、必要! と思った時が、受講すべきベストタイミングです。
posted by JSISH-ITC at 11:00| Comment(0) | 日記