2015年10月12日

成人にも応用できるPALSプロバイダーコース

今日は横浜でPALSプロバイダーコースが開催されています。

AHA-PALSプロバイダーコース


PALSはACLSの小児版と言われることが多いようですが、中身としてはまったく別物です。

大人の心原性心停止と比べて、子どもは心停止に至ってしまった場合、予後は相当不良です。幸い、子どもは心臓突然死は少なく、心停止に至るまでに循環不良や呼吸不全などの段階を経ていくことが知られています。

そこで子どもを救命するためには、心停止の手前の段階で気づいて、早期に介入することが重要です。

そこでPALSでは、心停止後の対応より、むしろ「いかに心臓を停めないか」に焦点を絞って救命を考えるプログラムといえます。



PALSで学ぶのは子どもに特化したことだけではありません。

ACLSプロバイダーマニュアルには、成人患者であっても病院での心停止の7割程度は心室細動・無脈性心室頻拍以外であったとの記述があります。

つまり、成人に関しても心原性心停止以外についてもフォローアップしておくことが重要といえます。それにフォーカスして体系的に学べるコースはAHAの中ではPALSとPEARSしかありません。

PALSを通して、心停止対応に限らない急変対応の全体像と考え方、アプローチ法を学ぶことはすべての医療者にとって意義があることと考えます。

小児とは関わらない方でも、機会があればPALSを学ぶことをお勧めします。

posted by JSISH-ITC at 16:34| Comment(0) | 日記

2015年05月01日

6月は、AHA CPR月間です

アメリカ心臓協会AHAは、突然の心停止に遭遇した一般市民向けに、シンプルな手順で救命できる方法を示した【ハンズオンリーCPR】のビデオを制作しました。

これを使って、皆さんも地元の学校や職場などでイベントを開催しませんか?




アメリカ心臓協会は、医療従事者向けの専門的な救命講習で知られていますが、その普及教育対象はプロフェッショナルだけではありません。

ファミリー&フレンズCPRコース は、その名の通り、家族や親しい友人のもしものときに備える家庭向け心肺蘇生法プログラムです。

DVDを見ながら練習するこのコースは、インストラクター資格がない人でも誰でも、1時間ほどで効果的な救命講習が開催できるようにプログラムされています。

1時間も時間が取れないという人も多いことでしょう。

そんなときはぜひ、冒頭の1分間のHands only CPRの動画を見てみてください。

目の前で人が倒れたとき、どう行動どうすればいいか、とてもシンプルにまとまっています。

1.119番通報
2.胸の真ん中を強く速く押し続ける(Staying Aliveのリズムで)


Staying Aliveの曲と合わせて、この動画をぜひ!

見て知るだけでも効果があります。英語ですが、きっとわかるはず。


インストラクターの方は、このシンプルな1分の動画を使って、ファミリー&フレンズCPRコースより、もっと気軽な市民向け救命講習を積極的に開催してみてください。
posted by JSISH-ITC at 10:38| Comment(0) | 日記

2015年04月26日

AHAガイドライン2015教材リリース予定(英語版)

気になる蘇生ガイドライン2015の動向ですが、AHAからは英語版の教材リリース時期のアナウンスが出されています。

2015年
10月15日
AHAガイドライン2015発表


これはAHA発行の学会誌であるthe circulation誌で発表され、同時にPDFでも無料で公開されるはずです。

11月〜12月
2015ガイドラインハイライト発行(日本語版、無料PDF)
ECCハンドブック発売


ECCハンドブックは英語ですが、2015ガイドラインハイライトは去年のケースで言えば、英語版発表とほぼ同時に日本語でも無料PDFとして公開される見込みです。

11月6日
インストラクターアップデートカンファレンス(米国オーランド)


インストラクター向けのコース開催情報の第一弾が、このアップデートカンファレンスになります。この時点では、まだコース教材は開発途上ですが、そのドラフトや方向性が示されます。

以下、下記のように教材リリース時期が見込まれています。

2016年
1月〜2月
BLSヘルスケアプロバイダーコース教材発売
ハートセイバーCPR AEDコース教材発売
ACLSプロバイダーコース教材発売


5月〜6月
ハートセイバー小児ファーストエイドCPR AED教材発売
ファミリー&フレンズCPR教材発売


7月〜8月
PALSプロバイダーコース教材発売
PEARSプロバイダーコース教材発売


ただし、これらはすべて英語教材のリリース予定時期です。

日本語版の発売時期については、AHAからの公式情報は出されていません。

前回の2005年版のケースですと、BLSヘルスケアプロバイダーマニュアルの日本語版が出るまでは8ヶ月のタイムラグがありました。
posted by JSISH-ITC at 11:11| Comment(0) | 日記