2017年02月01日

2016 AHA Recognition Award 銀賞受賞

日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターの活動実績が評価され、2016年度の AHA Recognition Award で銀賞を授与されました。

2016_AHA recognition_award-JSISH


これは、ワールドワイドで展開されている AHA International Training Center の中での実績が評価されての受賞です。

2017年度は、蘇生ガイドライン改訂に伴い、日本語教材が次々とリリースされる予定となっております。

Life is Why のスローガンのもと、教育設計が見直された最新の救命教育。

蘇生科学としてはBLS以外に大きな変更はないと受け止められがちなガイドライン2015ですが、教育学的には大きな転換を向かえた大改訂とも言えます。

ここはまさに教育的アプローチを研究する日本医療教授システム学会がもっとも得意とする専門分野です。

AHAガイドライン2015の真髄を伝えるべく、今回の受賞を糧に、2017年はさらなる展開に精進してまいります。
posted by JSISH-ITC at 13:02| Comment(0) | 日記

2016年04月23日

BLSインストラクターコースが変わります

ガイドライン改訂に伴い、新しいプロバイダーコース教材が続々とリリースされています。

2月 BLS Provider Course
3月 ACLS Provider Course
4月 Heartsaver Course

JSISH-ITCでは、公式日本語版の発売を待って、G2015正式版に切り替えていく予定です。4月7日付けのAHA公式アナウンスによると、BLSプロバイダーコース日本語版がリリースされるのは7月〜8月とされています。(当初の案内では6〜7月ですが、後ろにずれ込んだようです)

それまでは、G2010のDVDとテキストをベースにして、G2015の内容をお伝えするG2015 Interim(暫定)コースを継続していきます。


これに伴い、インストラクターコースの内容も刷新されていきます。

現時点、米国AHA本部から通達では、BLSインストラクターコースの改訂がアナウンスされています。

BLS Interim Faculty Guide 2016


BLS Instructor Courseでは、これまであったonline e-LearningのBLS Instructor Essentialsが廃止になりました。

英語での独習がなくなり、Faculty(インストラクター・トレーナーのことです)が、クラスルームスタイルで開催するBLSインストラクターコースを受けるだけで済むようになります。これからインストラクターになろうという日本の方には朗報かもしれません。

新しいインストラクターコースの資料が英語のままなので、すぐに切り替えられるわけではありませんが、G2015プロバイダーコース教材日本語版がでる前後くらいまでには、インストラクターコースも新コースに変更していく予定です。



posted by JSISH-ITC at 13:13| Comment(0) | 日記

2016年03月16日

Life is why.【日本語吹替版】

ガイドライン2015を迎えたAHAの新しいスローガンは、

Life is Why.

です。

AHAのロゴマークと一緒に描かれた、この短い一言。

Lifeは、人生であり、命であり、生きるということ。

それが、「なぜ?」という理由を問う単語と結ばれています。


命の意味、なぜ生きるか? 人生の理由、etc.


人それぞれのLife is whyに、救命技術を身につける人/教える人にとってのLife is whyが重なります。


誰を助けるのか? なぜ助けるのか?
なぜ、助ける術を人に伝えるのか? 広めるのか?


人それぞれの個人的な体験、理由がその根底にあることでしょう。


誰もが自ら自問する時代。それがG2015です。



本日、AHAが作成したLife is Why.のショートムービーの日本語吹き替え版が公開になりました。








※Life is Why.の公式な日本語訳については、日米のAHA関係者で検討されましたが、最終的には英語の原語のままでいくことになりました。

posted by JSISH-ITC at 14:44| Comment(0) | 日記